水素療法

水素療法とは(点滴、吸入、服用、飲用)

水素療法

多くの病気は「活性酸素」が原因と言われています。
老化にも「活性酸素」が関わっていることが明らかにされています。
呼吸した酸素の約3%は活性酸素に変化しますが、それ以外にもストレスや過激な運動、飲酒や喫煙でも体内で活性酸素が発生します。常に発生する活性酸素を即座に消去しないと細胞や血管が錆びて病気や老化の原因となります。

水素の作用として、この活性酸素を消去する抗酸化作用が強力である事が近年発見されましたが、その他にも多数の効果があり、健康維持、病気予防、老化予防や、多くの病気治療への利用が始まっています。この治療には副作用がないことも大きな特徴です。

水素の効果

水素の効果

水素の作用は多彩ですが主な作用は抗酸化作用です。
活性酸素の消去能が強く、活性酸素の中で最も凶悪な「ヒドロキシラジカル」を選択的に消去します。
水素ほど効率よく「ヒドロキシラジカル」を消去する物質はありません。

水素には、抗酸化作用以外にも多数の効果が明らかにされ、下記の多彩な作用が報告されています。しかも、水素は世の中で最も小さな元素であり、それ故にどんな壁も突き抜ける浸透性があります。末梢の細胞にも、その細胞内にも水素は届けられて作用します。

水素の主な作用

  • 理想的な抗酸化作用
  • 抗がん作用(がん細胞死を促す、がん増殖・転移の抑制)
  • ミトコンドリア内でエネルギー産生促進
  • 抗炎症作用、抗アレルギー作用
  • 微小循環改善作用、脂質代謝改善作用
  • 脳機能改善作用
  • インスリン分泌促進作用、抗糖尿作用
  • 抗動脈硬化作用

水素のプロチウム化の模式図

水素のプロチウム化の模式図
電子が水素に対してプロチウム化によりイオンの状態が変わる。

水素療法の適応

健康維持、病気予防や老化予防目的

水素療法の適応

疲労回復、肩こり、冷え症、肌荒れ、などや、健康維持、がんや認知症などあらゆる病気の予防、それに老化予防、そして最近話題になっている放射能による内部被ばくの軽減目的

激しいスポーツでは、大量に発生する活性酸素が選手生命を脅かすと言われているので、特にプロ選手は体調の自己管理の上で、上手にスポーツサプリとして水素療法を取り入れると良いでしょう。

水素療法メニュー

水素は「水溶液として静脈内投与」あるいは「局所投与」そして「気体のガスとして吸入」あるいは「サプリメントとして服用」するなどメニューがあります。

水素点滴

水素点滴
水素点滴
100mlの生食水に水素を溶け込ませたベーシック点滴です。
水素分子と水素イオンが体内に直接投与されダイレクトな効果を発揮します。
水素ビタミン点滴
100mlの生食水に水素、ビタミンB群、ビタミンCなどが入った点滴です。
水素マイヤーズ点滴
マイヤーズカクテルを水素ベースで作成した点滴です。
水素Gカクテル点滴
抗酸化力のある点滴で、水素、αーリポ酸、グルタチオン、ビタミンCが内容です。

水素局所注射

水素局所注射
筋肉内注射
首、肩、腰などの筋肉に注射。炎症を抑え、鎮痛作用と血行改善作用。
関節内注射
肩、肘、膝などの関節に注射。

水素療法 治療価格

水素療法 治療価格
水素点滴 水素点滴 7,000円
水素ビタミン点滴 12,000円
水素マイヤーズ 14,000円
水素Gカクテル点滴 100ml 15,000円
水素Gカクテル点滴 250ml 22,000円
水素局所注射 関節内注射(肩、肘、膝など) 1本 5,000円
筋肉内注射(首、肩、腰など) 1本 3,000円
水素吸入 30分吸入 5,000円
30分吸入併用 3,500円
専用カニューレ 1,000円

※自宅用の水素吸入装置、水素水作成装置の販売もしています。

森院長による水素医療研究について

平成23年6月 第5回水素と医療研究会にて講演

体内の活性酸素による傷害程度の判定には、尿中8OHdG測定が極めて信頼できるマーカーになることを発表した。遺伝子が活性酸素などで異常を来しがんを発症させると言われてるが、がん患者の尿中8OHdGは平均を全例上回っており、水素サプリメントの服用でこのマーカーが低下することを発表した。水素サプリメントが、遺伝子を活性酸素から保護することを尿中8OHdG測定によって証明した。

平成22年6月 第4回水素と医療研究会にて講演

固形活性水素に対する酸化ストレス防御系生体反応に関する検討し、水素サプリメントの摂取による体内での酸化ストレス防御系生体反応について詳細な解析を発表した。

平成21年6月 第3回水素と医療研究会にて講演

加圧トレーニング時のホルモン動態・血行動態を解析し、加圧解除後の虚血還流後の活性酸素発生の防止に水素カプセルが有効であること、そして加圧によって成長ホルモン分泌増加が安全に行われていることを発表した。

平成20年5月 第2回水素と医療研究会にて講演

激しいスポーツ後でも、前もって水素サプリメントを摂取していると乳酸の蓄積が劇的に減少することを発表し、水素サプリメントの服用は疲労の蓄積を予防し、激しい運動による活性酸素を効率よく除去することを講演。スポーツサプリメントとして極めて適していることを強調した。

平成19年 第1回水素と医療研究会にて講演

水素サプリメントが、もっとも凶悪であるヒドロキシラジカルだけを選択的に消去する作用がある素を、電子スピン共鳴装置を使って証明し発表しています。

ページのTOPへ移動します。