NMN点滴療法

NMNが話題に!NMN

あらゆる生物の体内に生成されているNMN「ニコチンアミドモノヌクレオチド」は、最近の研究で長寿遺伝子を活性化することで、健康の維持や寿命とも関わっていることが確認されていますが、年齢とともに減少することが指摘されています。

NMNはサーチュイン遺伝子を活性化するSIRTUIN

人には老化や寿命に深く関わっているサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)がありますが、通常は眠った状態で働いていません。
この遺伝子を活性化すると、代謝や、体力・疲労などの身体機能が改善し、若返りをもたらします。
NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)が、このサーチュイン遺伝子を活性化させ、若返り効果が有る事をハーバード大学医学部の研究で発見されました。正に次世代のアンチエイジングを担う夢の物質です。

NMNはマウスの寿命を16%延ばした

NMNの研究報告(ハーバード大学医学部 デビッド・シンクレア教授)

ハーバード大学医学部 デビッド・シンクレア教授は、NMNについて以下のように述べています。

「人間でいえば60歳にあたる生後22カ月のマウスに、NMNを1週間投与しますと、生後6カ月のマウスに相当する筋肉になっていました。人間でいえば20歳にあたります。つまり、たったNMN投与1週間という短期間で、実に40歳の若返りを果たしたのです。」

効果が期待できる疾患EFFICACY

NMNは体のあらゆる臓器のミトコンドリア機能を改善しエネルギーレベルを引き上げます。
それと同時に活性化された7種類のサーチュイン遺伝子の作用で、骨格筋、肝臓、心臓、眼などほぼ全体の代謝器官の細胞レベルの新陳代謝や細胞機能の改善など期待できる。
それは多数の疾患の改善や予防、それに老化の遅延に作用すると思われます。

  • 老化
  • 糖尿病
  • 心臓病疾患
  • 認知症
  • 眼機能
  • 肥満と合併症
  • 虚血再灌流障害

※ほとんどがマウスなどの小動物での実験結果であり、人に対する臨床データーは現在は不十分です。(各疾患の研究論文より)

NMNの具体的効果

  • 疲労感がほとんど無くなった。
  • 頭がスッキリして、集中力が増した。
  • 何でも積極的になり意欲も出てきた。
  • 手足の冷えを感じなくなった。
  • 睡眠の質がよくなり深い眠りが出来るようになった。
  • ジョギングしても以前より息が上がらなくなった。
  • 顔色や肌艶が良くなりシワも減った。
  • 肩や腰の慢性の痛みが無くなった。

※個人差が有ります。

NMNの摂取方法

NMN点滴

NMN点滴

1回の治療でも何らかの効果を認めますが、老化予防、疲労回復等が目的の方は、2週間に1度の治療を続けることで効果が維持できます。
高容量のNMN点滴をご希望される場合も、初回は150mgからとなります。ご希望で次第に濃度を上げていきます。

所要時間
30分~60分
点滴頻度
月に1回~4回(月に2回を推奨)

NMN点滴 施術価格

NMN点滴 施術価格
  容量 所要時間 一般価格 会員価格
NMN点滴
NMN吸入(150mg 300mg)
トライヤル(150mg) 約30分 25,000円 20,000円
150mg 約30分 35,000円 27,000円
300mg 約30分 70,000円 52,000円
450mg 約60分 105,000円 76,000円
600mg 約60分 130,000円 99,000円
水素NMN点滴 150mg 約30分 40,000円 32,000円

NMNサプリメント

NMNサプリメント GeneAct 7500

1カプセル 250mg含有 30粒
1日 1粒服用

NMNサプリメント GeneAct 7500 施術価格

NMNサプリメント GeneAct 7500 施術価格
NMNサプリメント GeneAct 7500 1箱 38,000円
3箱 91,200円

参考
- 患に対するNMNの効果 -世界の文献から

糖尿病に対する効果

(1)ミトコンドリアのNADレベルを改善し、(2)グルコース不耐性を改善。(3)肝臓のインスリン感受性を高め、(4)酸化ストレスを改善、(5)脂質プロファイルを改善、(6)炎症応答、(7)日内リズムを制御する遺伝子発現を快復させる。マウス実験で、2型糖尿病発症したマウスを正常化した。

Caton mc. nicotinamide mononucleotide protects against pro-inflammatory cytokine-mediated impairment of mouse islet function. diabetologia .54:3083-3092,2011

心臓病に対する効果

運動失調の心筋症マウスにおいて、(1)ミトコンドリアが活性化され、(2)心臓エネルギーの生成および利用を改善する。(3)心臓の拡張機能を改善し、収縮機能を正常化する。(4)心筋ミトコンドリア機能回復で、心不全を予防する。

Angelical SM, nicotinamide mononucleotide requires sirth3 to inprove cardiac function and bioenergetics in a friedreich‘s ataxia cardiomyopathy model.2017 jcl insight 2017:2(14)

老化に対する効果

老化マウスにNMNを投与した実験で、(1)マウスにはエネルギー代謝亢進、(2)身体活動活発化、(3)インスリン感受性亢進、(4)血清脂質の代謝改善、(5)骨格筋のミトコンドリア活性化などが認められ、マウスの加齢に伴う生理的機能低下を緩和する作用を確認した。

Kathryn fm. Et.al. Long-term administration on nicotinamide mononucleotide mitigates age-associated physiolgical decline in mice. cell metab 13:24:795-806,2016

認知症に対する効果

(1)Βアミロイドの産生抑制、(2)アミロイド斑増加の抑制、(3)神経シナプス消失防止、(4)炎症反応の減少などが認められ、(5)認知症でミトコンドリア機能低下があるが、これを快復させる。

Chun-chun w.nad replenishment with nicotinamide mononucleotide protects blood-brain barrier integrity and attenuated delayed tissue plasminogen activator-induced hemorrhagic transformation after cerebral ischemia. British j of pharmacology 174:3823-3836,2017

ページのTOPへ移動します。